2010年11月30日

ガーナ、中古下着の輸入販売禁止へ 衛生面の懸念で

【11月30日 AFP】ガーナ政府は29日までに、健康上のリスクを理由に中古下着の輸入販売を禁止する方針を固めた。

 ガーナ貿易・産業省によると、政府はガーナ標準委員会(Ghana Standard Board)と協調して、非衛生的な中古下着のガーナへの輸入を来年の2月から禁止する。これにより、国民の健康を促進し、医療関連の政府支出を削減することが目的だという。輸入販売の禁止は中古のマットレス、ハンカチ、靴下、ズボンにも拡大される予定だ。

 ガーナでは1994年にも同様の措置がとられたが、十分に実施されなかった。貿易・産業省は、今回は徹底して中古下着の国内流通を阻止する構えだ。

 首都アクラ(Accra)では、新品よりも価格が安い海外から持ち込まれた中古下着を売る若者たちの姿が見られる。より豊かな国で使用された中古品が、ガーナなどの西アフリカの国々に持ち込まれている。

 古着販売で生計を立てる人びとの間からは、輸入販売の禁止は死活問題であり公正ではないとの声があがっている。ある古着販売業者は、「ガーナ人が古着を支持するのは新品より安いからだ。政府はこうした貧困層にも配慮して決定を撤回すべきだ」と訴えた。(c)AFP


世の中いろいろな中古商品があるが下着はまずいだろ
でりっちゃお福岡
http://deliciao.info/


1.jpg
posted by ニュースの穴 at 14:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/171266991

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。