2010年11月24日

イラン大統領、庶民派象徴のプジョー504を競売へ 売上は住宅支援に

【11月24日 AFP】イランのマフムード・アフマディネジャド(Mahmoud Ahmadinejad)大統領が慈善事業への寄付として、庶民派アピールのシンボルの1つだった「1977年型プジョー504(Peugeot 504)」を競売にかける。イラン国営テレビが22日、発表した。

 国営テレビのウェブサイトによると、プジョー504の競売は国際的に行われ、売上金は低所得世帯のための住宅を提供する「メヘル(Mehr)住宅計画」に寄付される。

 同ウェブサイトはサデク・マハスーリ(Sadeq Mahsouli)社会福祉相の話として、「メヘル住宅計画を支援するため、大統領は慈善行為として21日に自らの車を国際競売にかける」と伝えた。

 メヘル住宅計画は、住宅協同組合に国有地を無料で提供して低金利融資を行い、初めて住宅を購入する人に向けて安価な住宅を提供するというもの。

 2月にはアリ・ニクザド(Ali Nikzad)住宅相が、約100万人がこの計画に申請可能だと述べていた。同相によると、すでに住宅52万5000戸の契約が終わり、さらに44万4000戸にも仮許可が下りているという。(c)AFP

イランにも発送致します。
オリジナルプリント
http://print-j.com/

1.jpg
posted by ニュースの穴 at 11:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。