2010年11月08日

タフガイ・プーチン首相、今度はF1カーに挑戦 時速240キロで疾走

3.jpg3.jpg【11月8日 AFP】ロシアのウラジーミル・プーチン(Vladimir Putin)首相は7日、サンクトペテルブルク(Saint Petersburg)郊外にあるサーキットでF1用のレースカーに試乗した。

「ロシア」の文字が書かれたヘルメットをかぶったプーチン首相は、ルノー(Renault)の黄色いレースカーに乗り込むと、アクセルを踏み込み猛スピードでサーキットを疾走。最高速度は時速240キロにも達したという。プーチン氏は数時間、試乗を続けた。

 一国の首脳としては無謀とも思える行為だが、プーチン首相は2012年の大統領選を前に「強いリーダー」をアピールしており、レースカーの試乗もこうしたアピールの一環だ。

 F1レースをめぐっては、プーチン首相の主導で、世界最高峰の自動車レース、F1世界選手権(Formula One Grand Prix)が2014年からロシア南部のソチ(Sochi)で開催されることが決まっており、スポーツ大国としてのロシアを印象づけたい狙いもある。

 テレビニュースでは、試乗を終えたプーチン首相が「初めてにしては上出来だ」と、めずらしく英語でルノーのメカニック(整備士)に語りかける様子が放映された。(c)AFP/Stuart Williams

特に感想はありませn。。。

だれがやらせてるんだろ・・。

ロシアでタオル作ったらいいのに。。

オリジナルプリント
http://print-j.com/
posted by ニュースの穴 at 11:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。